e-Taxソフトのインストールが途中で止まってしまう場合の対処法

e-Taxソフト(Windowsダウンロード型ソフト)をインストールしようとしたところ、インストールが途中で止まってしまう(終わらない)事象に遭遇しました。
対処方法について調べたところ、確実ではない「おまじない」かのような方法ばかり検索で出てくる状況だったので、まず最初にやるべきことを記事にしておきます。

この画面のまま先に進まない

対処方法について、e-Tax公式サイトには最初にすべきこととして次の記載があります。

1. 常駐アプリケーション(セキュリティソフト等)がインストールを妨げている可能性があります。
可能な限り、他のアプリケーションを終了した状態でe-Taxソフトを再インストールしてください。

https://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/yokuaru03/40.htm

手元の環境のセキュリティソフトはWindows標準のWindows Defender、特殊なソフトは入れておらず、常駐アプリで気になるものとしてはハードウェア関連(ASUSマザーボード)のアプリくらい。
タスクマネージャーで常駐アプリをバシバシ落としていくのも有効だとは思いますが、どのような環境でも確実に常駐アプリの影響を受けないようにする方法があります。

セーフモードで起動する

【起動の前に準備】
セーフモードで起動する前に、「BitLocker回復キー」を確認・印刷などしておいてください。
Windows 11のメーカー製のPCなど、対応しているデバイスでは自動的に「デバイスの暗号化」によってドライブが暗号化されています。
セーフモードで暗号化されたドライブを読み込むには「BitLocker回復キー」が必要になります。
確認方法は次などを参考にしてください。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/win11tec/1406634.html
仕事で使っているPCの場合は、システム管理者に問い合わせる必要がある場合があります。

Windowsをセーフモードで起動します。
スタート→電源→Shiftキーを押しながら「再起動」をクリック
(画像はWindows 11ですが、10でも同様です。)

オプションの選択で「トラブルシューティング」を選択

「詳細オプション」を選択

「スタートアップ設定」を選択

「再起動」を押下
※ドライブが暗号化されている場合は、この後に「BitLocker回復キー」の入力が求められます。

スタートアップ設定画面で「4」(数字キー)を押してセーフモードで起動します。

黒いデスクトップで端に「セーフモード」と表示されて起動するのを確認してください。

e-Taxソフトのインストーラーを起動します。
インストールが完了したら、Windowsを再起動してセーフモードを解除してください。

NordVPNにWindows標準VPNで接続する

NordVPNに接続するには通常は専用アプリをインストールして利用します。しかし、専用アプリをインストールしたくないというケースもあるかと思います。この記事ではWindows標準のVPN機能(IKEv2/IPSec)でNordVPNに接続する手順をまとめました。

1. 証明書のインストール
https://downloads.nordcdn.com/certificates/root.der
より証明書をダウンロードします。

ダウンロードした証明書を開いて、「証明書のインストール」をクリック

ローカルコンピューターを選んで次へ

証明書をすべて次のストアに配置する→参照→信頼されたルート証明書を選んで次へ

Windowsキー+Rを押して、「certmgr.msc」入力してEnter

信頼されたルート証明書>証明書>NordVPN Root CAを選んで、右クリックよりプロパティ

次の目的だけを有効にするを選択して、サーバー認証以外のチェックを外してOKをクリック

2. VPN設定

次にアクセスして接続するVPNサーバーのアドレスを確認します
https://nordvpn.com/ja/servers/tools/

接続したい国を選択してVPNサーバーのアドレスを確認します。
画像の場合、Japan #574サーバーのアドレスは、jp574.nordvpn.comとなります。

次にNordVPNのアカウントサービスにアクセスして、接続に必要なユーザー名とパスワードを取得します。
https://my.nordaccount.com/ja/dashboard/nordvpn/

NordVPNサービスのページ下部のサービス資格情報(手動設定)にあるユーザー名とパスワードを使用します。

次にWindowsの設定からVPN接続を追加します。
設定>ネットワークとインターネット>VPN>VPNを追加

VPNプロバイダー: Windows(ビルトイン)
接続名: (任意)
サーバー名またはアドレス: (VPNサーバーのアドレス)
VPNの種類: IKEv2
サインイン情報の種類: ユーザー名とパスワード
ユーザー名: (ユーザー名)
パスワード: (パスワード)

次にVPNの詳細設定をします。
設定>ネットワークとインターネット>ネットワークの詳細設定>ネットワークアダプターオプションの詳細

登録したVPN接続を右クリックしてプロパティ

セキュリティタブを開き、次に設定
データの暗号化: 暗号化が必要(サーバーが拒否する場合は切断)
拡張認証プロトコル(EAP)を使う
Microsoft: セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)

ネットワークタブを開き、IPv6のチェックを外してOK

3. レジストリにアルゴリズムの設定を行う

レジストリエディタを開きます。
Win+R→regedit

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Rasman\Parameters\
に「NegotiateDH2048_AES256」というDWORDのエントリーを作成して、値を「2」に設定します。

Windowsを再起動してください。

4. VPNに接続

以上の設定が済むと、タスクバー右のネットワークより、VPNを選んで接続を押すことで、NordVPNのVPNサーバーに接続できます。