カテゴリー
パソコン

Google広告のクーポンの落とし穴

Google広告のクーポンは「最初の月の費用に使える」と書いているのに、「最初の月の費用には使えない」のだ。

Google広告からのクーポン(プロモーションコード)のメールを受け取ったので、試しに使ってみたところ、思わぬ落とし穴があったため、注意喚起のため、この記事を作成する。

メールには次のように表示がある。

「Google広告では最初の月の費用にお使いいただける上限X,XXX円の広告クレジットを進呈いたします。」

あたかも、クーポンコードを入力してすぐに最初の1か月に適用できるかのようだが、
実際は、クーポンコードを入力してから1か月弱経過しないとこのクーポンは適用されないのだ。
そのため、お試しで使ってみようと思うと、最初の1か月分の費用はまるまる請求されるという問題がある。

「最初の月の費用に使える」と書いてあるのに、「最初の月の費用には使えない」のだ。

Googleにそのことに説明を求めたが、システム上そうなっているという回答しか得られなかった。
Googleのサポートは日本語が通じないのではないかと疑うレベル。
これを意図的にやっているのであれば相当あくどい。

Googleがやっていることは「無料トライアル」をうたった定期購入の手口に近いものがある。
これは社会的に許されない不当表示であると言わざるを得ない。

実際のクーポンメールとその利用規約は以下の通りである。
この記事を読んでいるあなたは最初の月の費用に使えないことを見抜けるだろうか?

キャンペーン利用規約:

  1. この特典はアカウントのご登録のご請求先住所が日本のお客様がご活用いただけます。広告主様毎に 1 つのプロモーションコードが有効です。
  2. この特典の利用資格を得るためには 2020年3月31日 までにプロモーションコードをアカウントにご入力いただく必要がございます。 この特典をご利用いただくには、最初に作成した Google 広告 アカウントで掲載した広告が初めて表示されてから 14 日以内に、特典コードを入力していただく必要があります。
  3. 実際の特典を得るためには まずはアカウントにて広告掲載を開始ください。7,500 円 円を上限とし、 プロモーションコードをご入力いただいてから 31 日間で発生した広告掲載費用と同額あるいは上限金額をキャンペーンクレジットとして適用いたします。(税金額を除く)
  4. 上記の条件 2 および 3 を満たしますと、通常5 営業日以内にお客様の料金の履歴にキャンペーンクレジットが適用されます。
  5. 適用されるキャンペーンクレジットは以後の広告掲載費用としてご利用いただけます。プロモーションコードをご入力される前の広告掲載費用のお支払いにお使いいただくことは出来かねます。
  6. 恐れ入りますが、適用されたキャンペーンクレジットを超えた広告掲載費用が生じた際にもお客様への通知はございません。広告掲載を停止される場合には、キャンペーンを一時停止または削除していただきますようお願い申し上げます。
  7. この特典を得るためには、アカウントの代金が適時に支払われ、良好な信用状態が維持されていなければなりません。
  8. 利用規約の詳細は次のリンクよりご確認ください: https://www.google.co.jp/intl/ja/ads/coupons/terms.html.