AWSの料金とWordPress

このサイトはAWS(Amazon Web Service)の機能を最大限に活かして作った、ある意味実験サイトです。

AWS構成図
AWS構成図

構成図を簡単に説明すると、中核になるのはEC2で、ここにブログツールであるWordPressを入れてあります。

それを負荷分散させる機能ELB(Elastic Load Balancing)ロードバランサーで受けて、CDN(Contents Delivery Network)であるCloudFrontがサイトを表示させています。

EC2, ELBは米国西部のオレゴンに配置していますが、CDNのおかげで、日本から表示するときは日本国内のサーバーから配信されるので、とても早く表示できます。

この構成を維持する料金は約1ヶ月(正確には25日)で$31.08でした。内訳は次の通り。

AWS料金内訳
AWS料金内訳

ELBとEC2でほぼ半々といったところです。

AWSを使い始めてから1年間は無料期間があります。
私の場合、すでに1年経過していてこの料金になります。

このサイトのEC2で使用しているインスタンスは、t1.microですが、ブログに必要とされる通信はGETが主で、CDN構成なのでこれで十分(同時アクセス・即応性に優れる)です。

最新のバージョンを使おうというコンセプトで、AMIAmazon Linux AMI 2014.03を使用。
PHP5.5、MySQL5.5にWordPress最新版を乗せています。

Glacierの料金が$0.90かかってますが、実はこのサイトとは無関係な個人的なデータを90GBほど保存しているためです。AWS Glacierはコスト面・耐久性で最も優れたストレージサービスだと思います。

オレゴンリージョンを利用している理由は、東京リージョンより3割ほど安いこと、消費税がかからないことが挙げられます。
(2015/12/26追記 現在、消費税は日本のユーザーに対してどこのリージョンを使用していてもかかるようになっています)

CloudFrontのエッジロケーションが東京にもあるので、実際どこのリージョンを使用しても変わりはありません。というのも、CloudFrontがPUTにも対応しているうえ、DNSであるRoute53と連携して動的にアドレスを決定することができるからです。

CloudFrontを利用しているので、nslookupするとなんと8つもIPアドレスが出てきます。これなら、DoS攻撃でダウンさせられることもないでしょう。

nslookup

あと、監視にはCloudWatchを利用しています。
DNSにRoute53を利用している理由は、先に述べた通り、CloudFrontとの連携があること、それに自由に設定できるため、Google AppsのSPF, DKIMを設定しています。

絆創膏(ばんそうこう)のトレンド

日曜大工をしていると細かいキズ(主に手)をよくする。
また、子供もよくケガをするので、絆創膏(ばんそうこう)はかかせない。

Googleトレンドによると2006年くらいからだろうか、キズが早く治る絆創膏が出始めた。

それがこれ、キズパワーパッド

これまでの絆創膏はキズを乾燥させて清潔に保つことが重要とされてきた。
しかし、この製品はキズを密閉することで逆に潤してキズを早く治す。バンドエイドサイトからの引用:

「キズをしっかり覆ってうるおいを保ってきれいに治す方法」モイストヒーリング

モイストヒーリングについてはこちらも
http://ja.wikipedia.org/wiki/湿潤療法

「消毒をしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」を3原則として行う治療法。

簡易的にはラップを用いて密閉させるという情報もあるが、実際にラップを貼り付け固定するのは難しい。すぐにずれて密閉できない。

実は密閉させるタイプの絆創膏は昔からある。

これがそのエキバン

液体で塗るとすぐに乾いて貼り付いてくれる。(乾くまでシミるが、乾けば水に濡れても大丈夫だしシミることもない)
他のメーカーからは塗るハケ付きのものも出ている。

いわゆる絆創膏と違い、キズが小さければ小さいほど、面積が少なくて済むので、使い勝手がよい。

さらに、キズパワーパッドとの大きな差として価格が挙げられる。キズパワーパッドは1枚あたり約70円もするからだ。

小さなキズには断然、エキバンが有効だ。おすすめします。

 

※エキバン使い方メモ
関節部分のキズは曲げた状態(皮膚を伸ばした状態)で塗ること。

※類似品でリュウバンというものがあるが、2度塗りが必須で使い勝手が悪い。