Amazon echo Alexa / Google Homeに対応した3路スイッチ

Amazon echo AlexaやGoogle Homeに対応した、2つのスイッチを連動させてON/OFFできる「3路スイッチ」がAmazonで出ていたので紹介します。

https://www.amazon.com/dp/B07724HNTX/

日本のAmazon.co.jpでは転売屋の設定価格が高いので、アメリカのAmazon.comから直接買ったほうが安いです。(ただし、今は在庫がなくなっているようですが)

アメリカのスイッチは日本のスイッチとネジの位置が同じのため、交換が容易です。
ネジのピッチは異なるため、日本式のネジに交換することで取り付けられます。

TP-Link製の製品を操作するアプリ「kasa」は、日本語版のAlexaに対応していて、Alexaスキルに登録するだけで、Alexaから操作できるようになります。

なお、接地側(N)の配線が必要になることはON/OFF型のスマートスイッチと同じです。
前回の記事をご参照ください。

※日本で使用できる無線機器は技適マークの付いているものだけです。
※壁スイッチの設置は電気工事士の免許が必要です。

技適マークについては次の記事も参考にしてください。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/20/news035.html

スマートスイッチのセキュリティ

スマートスイッチは常時インターネットに接続しているIoT機器になります。
そのため、ハッカーによる乗っ取りやマルウェア感染の危険性があることを知っておくべきです。

対策としては、スマートスイッチのソフトウェア(ファームウェア)を常に最新にしておくことが重要です。
ファームウェアの更新はスマートスイッチのアプリケーション(スマホ)から行えることが多いです。

もし、メーカーがサポートを打ち切ってしまったときは、いさぎよくスマートスイッチを交換するようにしてください。

メーカーがサポートを終了してしまい、ファームウェアが更新できなくなる事例は起きています。
コレガのWi-Fiルーターの例:
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1110802.html

深刻な脆弱性のある状態でインターネットに接続したままだと、ハッカーやマルウェアに乗っ取られ、第3者への攻撃に使われたり、踏み台として利用されかねません。
加害者となってしまわないよう、気をつけて利用してください。

スマートスイッチ(壁スイッチ)設置の注意点 for Amazon Echo Alexa / Google Home等

Google Homeが発売され、Amazon Echoも年内に発売することが決まるなど、日本でもスマートスピーカーのブームがやってきそうです。

スマートスピーカーでやってみたいことといえば、照明のON/OFFでしょう。
既存の照明をスマートスピーカーでON/OFFするには、スマートスイッチを導入する方法があります。
導入の形式は以下の3つ

①プラグ(コンセント)にスマートプラグを挟む
②電力線にスマートスイッチを挟む
③スイッチをスマートスイッチに交換する

実際の商品で説明します。
①プラグ(コンセント)にスマートプラグを挟む

プラグを使用しているものであれば、これで済みます。

②電力線にスマートスイッチを挟む

配線を途中で切って、間に挟む形でスマートスイッチを入れます。
電力線が露出しているものに使えます。

③スイッチをスマートスイッチに交換する

https://ja.aliexpress.com/item/US-Version-3gang-WIFI-Wall-touch-Switch-Work-With-Amazon-Alexa-smart-remote-control-by-phone/32809683052.html

プラグもない、電力線も出ていない、たとえばシーリングライトをスマートスピーカーに対応する方法として、壁スイッチをスマートスイッチに交換します。

今回は、③の壁スイッチをスマートスイッチ化する際に気をつける点について、紹介します。

壁スイッチの配線を図にすると次のようになります。

スイッチ配線図

ここで注目するところは、スイッチはAC100Vの電源から非接地側(L)の線としかつながっていません。

スマートスイッチは自身が電力を消費するため、ほとんどの製品で、非接地側(L)と接地側(N)の両方の配線が必要となります。

そのため、既存スイッチと入れ替えるだけではダメで、接地側(N)の配線が不足するため、別途コンセントなどから接地側(N)線の配線が必要となります。

実際の製品の背面はこんな感じです。

配線は次のように行います。

なお、ほとんどの製品がON/OFFの片切りスイッチにのみの対応となっていて、複数のスイッチでON/OFFできる3路スイッチには対応していません。

スマートスイッチはたいていタイマーによるON/OFFができる機能があります。他にも温度センサーや湿度センサーと連動できるものあります。これから製品がそろってくると色々と面白くなってきそうです。

これから家を建てる人、リフォームする人は、すぐにスマートスイッチを付ける予定がなくとも、将来のために、スイッチまで非接地側(L)と接地側(N)の両方の配線だけはしておくことをおすすめします。

スマートスイッチの通信方式

通信方式は主に次のものがあります。

①無線LAN 2.4GHz
②ZigBee 2.4GHz
③Z-Wave 920MHz

③のZ-Waveは混雑している2.4GHzの帯域を使用する必要がないため、将来有望な規格です。しかし、各国で使用して良い周波数が異なるため、日本の920MHzで使用できる製品を選ぶ必要があります。また、専用の親機(Home Hub)が必要になります。

Z-Waveに日本で使用できる製品がない現時点では、①無線LAN方式または②ZigBee方式の機器を選ぶ必要があります。

※日本で使用できる無線機器は技適マークの付いているものだけです。
※壁スイッチの設置は電気工事士の免許が必要です。


2017/11/12 追記

Amazon Echo Plus にはZigBeeスマートホームハブの機能が内蔵されています。

ただし、通信方式は「ZigBee (2.4GHz)」であり、現在対応している機器は、Philips Hueだけとなります。

対応機器:Amazon スマートホームストア
https://www.amazon.co.jp/b/?node=5364379051&suppress-ve=1

今後の対応機器の増え方次第なので、現時点で急いでホームハブ内蔵のEcho Plusを買う必要はないと思います。


2017/11/19 追記

ZigBee(のみ)対応のEcho Plusを現時点でおすすめできない理由として、先行しているアメリカでは、Z-Wave/ZigBeeの両方に対応しているホームハブが売られていることがあります。

https://www.amazon.com/b/ref=sr_aj?node=6478740011&ajr=0

※ただし、Amazon.comで売られているのは、日本規格のZ-Wave対応製品でないため、個人輸入で入手しても使用できない可能性があります。

Philips Hueをすぐに使いたいわけではなければ、日本版Z-Waveに対応した同様の製品が日本市場に登場するのを待ったほうが賢明だと考えています。

IKEAのUSB充電器

koppla-usb-chong-dian-qi-poto__0443311_PE594248_S4

IKEAのUSB充電器(http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/60291888/)のスペックをまとめました。

1ポートの最大電流 2.4A
全ポートの最大出力 3.4A/17W
ポート数 3つ
コンセントのタイプ 固定式
値段 1,199円+税値上げされました
1,299円+税

1ポートの最大出力が2.4Aあること、ポートが3つあること、その割に値段が安いことが他の製品より優れたところです。

その反面、1ポートに2.4A使ってしまうと、残りは1Aまでに制限され、高速充電に対応したスマホ・モバイルバッテリーが2台以上ある環境では充電時間が長くなってしまいます。

参考:2ポート同時に高速充電可能な商品

 

3年間ほど、PLANEXのUSB充電器「充電万能」 2000mA USB 2ポート充電器(PL-WUCHG03)を使っていたのですが、うっかりスマホを2台・最大出力以上で負荷がかかる状態で使ったところ、異常な発熱になりプラスチックが溶ける臭いがしました。

状況によっては火災事故になりかねない事態で、安全性の確保されていない製品を使うと危ないことを思い知りました。

以下のいずれかに該当する場合は、ただちに確認してください。

  • スマホ・モバイルバッテリーの最大電流量が分からない
  • USB充電器の最大出力電流が分からない
  • 同時に複数個充電するときの消費電流量を確認していない
  • 細い・断線している等、必要な電流要件を満たしていないケーブルの使用

一般的なモバイル機器の現時点の最大消費電流は2.4Aですので、全ポート2.4A出力可能な機器を利用するのも安全対策としてアリだと思います。

 

2016/07/23 追記

ずばりこれは「買い」か?
→残念ながら、他にもっと良い商品があり、最善の選択にはなりません。

良い点:コストパフォーマンスがよいこと。過電流による熱暴走がなく安全なこと。
悪い点:コンセントプラグの配置が悪く、コンパクトにまとまらないこと。

→ネット上にはこれを上回る性能・コストパフォーマンスの商品が出ています。
Amazonはプライム会員でない場合、2000円以上購入しないと送料無料にならないので、他についでに購入するものがなければ割高になってしまいますが・・・以下にピックアップします。

Aukeyのはコイル鳴きがあるようです。

現時点のベストバイはAnkerの次の製品でしょうか。

高速充電について:
最近のAndroid端末の中に、従来の高速充電の方法(電流Aアンペア数を高くするもの)ではない、QuickCharge 2.0 もしくは 3.0 と言われる規格の充電方式に対応したものがあります。

これは、電流A(アンペア)だけでなく、電圧V(ボルト)を高くかけてトータルの電力の量を増やす仕組みになっており、充電器・端末ともにQuickCharge 2.0 もしくは 3.0 に対応していて、かつ接続ケーブルに充電専用ではなく通信用ケーブルを使用したときに動作する仕組みになっています。

対応端末に付属していた専用充電器およびケーブルを使用すれば、基本的には従来の高速充電よりも早く充電することができます。

なお、QuickCharge 2.0 および 3.0 は、現時点で iPhone には採用されていません。

参考:ちょっと大きいみたいです。

タコ足はこちら

2016/12/24 追記

据え置き型のおすすめに加えて、持ち運びに便利なUSBチャージャーも紹介しておきます。↓これが一番コンパクトだと思います。

※注意喚起※ SDカードに偽物・粗悪品の流通が横行している件

今ネット上でSDカード, microSDカードの偽物や粗悪品がかなり流通しています。

偽造されているブランドとして、SanDiskと東芝が確認されています。

Amazonで購入されるときに気をつける点ですが、

  • 「海外パッケージ」「並行輸入品」の表記
  • 無保証のもの
  • マーケットプレイスの出品のもの(Amazonから発送となっていないもの)
  • カスタマーレビューをよく読む(特に星1つの評価)
  • お値打ちなもの

他のサイトで購入する際も同様に注意が必要です。

購入済みのSDカードが偽造品かどうか確認するには、H2testwというツールを使用してみてください。

http://www.heise.de/download/h2testw.html

 

スマホの無線充電Qi(チー)

スマートフォン、タブレットを置くだけで充電できるQi(チー)

置くだけの手軽さだけでなく、充電の度に抜き差ししてコネクタが消耗しダメになることも防げるので、対応している機種であれば是非ともおすすめ。

(2016/01/14時点対応機種、当サイト調べ)
AQUOS PHONE f SH-13C
AQUOS PHONE slider SH-02D
AQUOS PHONE st SH-07D
AQUOS PHONE EX SH-04E
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
AQUOS PHONE ZETA SH-09D
SH-05D
ARROWS X F-10D
ARROWS Kiss F-03D/F-03D Girls’
ARROWS Kiss F-03E
Q-pot.Phone SH-04D
ELUGA X P-02E
ELUGA V P-06D
ELUGA P P-03E
F-09D ANTEPRIMA
MEDIAS PP N-01D
MEDIAS X N-04E
MEDIAS CH 101N
Optimus it L-05E
Galaxy S6 edge SC-04G
Galaxy S6 SC-05G
URBANO L01 (KYY21)※
URBANO L02 (KYY22)※
URBANO L03 (KYY23)※
TORQUE G01 (KYY24)
Galaxy S6 edge SCV31
EM01L
Nexus 7 (2013)
Nexus 4
Nexus 5
Nexus 6

※の機種:Qi対応バッテリーに交換が必要

Qi充電器には1000円くらいのかなり安いものもあるようですが、コメントを見る限り粗悪品も多いので注意。

おすすめは、モバイルバッテリーで有名なAnker製のものです。

入力電力に2A必要なので、次のUSB充電器もセットで買うことをおすすめします。

Anker製品いいですよ、最近はまっています。

永久保証KINGMAXのSDカードの修理問い合わせ先

先日、KINGMAXブランドのSDカードが死にました。

永久保証が付いているので、修理に出そうとネットで検索して問い合わせようとしたところ、英語で記入してねとのこと。で、英語で記入して問い合わせるも音沙汰なし・・・。

色々と調べてみると、KINGMAXの日本代理店があるそうで、→株式会社磁気研究所

こちらに問い合わせたところ、速攻で対応してくれました。

別にKINGMAX推しではないんですが。
SamsungのSDカードは10年保証付きで、Amazonでよく売れていますね。

私は最近では無期限保証ものではありませんが、東芝の製品を買っています。

壊れないことが第一だと思っていますので。
ちなみに、Amazonで購入する際は、某中華系のショップではなくて、風見鶏 -カザミドリ-さんから買うようにしています。

WordPressをスタティック運用

WORDPRESSは動的にページを表示するブログツールですが、情報を発信するだけなら動的でなくても、静的(スタティック)で十分です。
※ただし、コメント機能は使えなくなります。

簡単にスタティックページを生成して、動的だったときと同じページ構成でCDN配信(Cloud Front利用)します。

スタティックページを生成するには、StaticPressプラグインを使います。
StaticPressの設定
静的ページURL: http://mantainc.co.jp/
出力先ディレクトリ: /var/www/html/static/

$ sudo vi /etc/hosts
127.0.0.1    localhost    localhost.localdomain    mantainc.co.jp

StaticPressから「再構築ボタン」をクリックするとページが生成されます。

次に、生成されたページをS3にアップロードします。

$ sudo yum –enablerepo epel install s3cmd
$ s3cmd –configure
Access Key: xxxx
Secret Key: xxxx

次にホームディレクトリ配下に作成される .s3cfg の中身を、使用するリージョンにあわせて編集します。
以下は Oregon の場合の例です。

■ 編集前
bucket_location = US
host_base = s3.amazonaws.com
host_bucket = %(bucket)s.s3.amazonaws.com
simpledb_host = sdb.amazonaws.com

■ 編集後
bucket_location = us-west-2
host_base = s3-us-west-2.amazonaws.com
host_bucket = %(bucket)s.s3-us-west-2.amazonaws.com
simpledb_host = sdb.us-west-2.amazonaws.com

$ cd /var/www/html/static/
$ s3cmd put -r –acl-public $(pwd)/* s3://mantainc.co.jp

Cloud Frontでオリジンを指定しますが、S3をそのまま選んではいけません。
そのまま選ぶと、下層ディレクトリの index.html が効きません。

S3のバケットをWEB公開し、そのパスをコピーして指定してください。
mantainc.co.jp.s3-website-us-west-2.amazonaws.com

ちなみに、スタティック運用する場合、元となるWordpressサーバーをAWSで用意する必要もなくなります。

Windows8.1のHyper-V等を利用して、ローカルにサーバーを構築してしまえば、ec2を使用することなくAWSでWordpressサイトを公開することができてしまいます。

※実際に当サイトはローカルにWordpressを置き、スタティック運用に切り替え済みです。

バンパーのヒビ割れを修理

ヒビ割れてしまった車のバンパーを自分で修理しました。

修理の基本的な流れはこちらを参考にしてます。

オートバックス ドットコム バンパー補修手順

汚れ落とし→FRP補強→パテで隙間を埋める→ヤスリがけ→カラーペイント

IMGP0320
ヒビ割れたバンパー

まずはバンパーを取り外します。
取り外し方は車種によって違うので、割愛します。

次に汚れを落とします。
几帳面ならシリコンリムーバーを使ってください。
私は台所用洗剤でゴシゴシ洗いましたが。

ヒビ割れでズレている面を平らに合わせて表側をガムテープで固定します。

IMGP0331
ガムテープで固定

次に用意するものは、FRP(繊維強化プラスチック)です。

付属のA剤とB剤を混ぜあわせると硬化する接着剤で裏面の割れた部分にFRPを数枚重ね貼りします。
混ぜるのと塗りつけるのに紙コップと100均ででも筆を用意するとよいです。(10分程度で硬化が始まるので、使い捨てです)

IMGP0332
FRPと硬化剤の塗布

完全に硬化するまで数時間待ちましょう。
私は次の日まで放置しました。

完全に硬化したら、表面のガムテープを剥がして、隙間をパテで埋めます。

エポキシ樹脂なので、よくこねてから手早くやりましょう。
表面の隙間を埋めてください。はみ出す分には、削りとれるので問題ありません。

IMGP0343
パテで隙間を埋める

パテが固まったら、紙ヤスリで表面が平らになるまで削っていきます。

最後に塗装スプレーをします。
スプレーは車のカラーナンバーから調べます。

よくある色であれば、ネットでも手に入りますが、お店で調合してもらうことになることも多いと思います。

こちらから調べてみてください。

余計なところに色が付かないようにマスカー等で保護します。

塗装が乾いたら、バンパーを付け直して完成です!

今回使った道具です。

IMGP0321

使い捨てのポリ手袋の準備も忘れないでくださいね。

AWSの料金とWordPress

このサイトはAWS(Amazon Web Service)の機能を最大限に活かして作った、ある意味実験サイトです。

AWS構成図
AWS構成図

構成図を簡単に説明すると、中核になるのはEC2で、ここにブログツールであるWordPressを入れてあります。

それを負荷分散させる機能ELB(Elastic Load Balancing)ロードバランサーで受けて、CDN(Contents Delivery Network)であるCloudFrontがサイトを表示させています。

EC2, ELBは米国西部のオレゴンに配置していますが、CDNのおかげで、日本から表示するときは日本国内のサーバーから配信されるので、とても早く表示できます。

この構成を維持する料金は約1ヶ月(正確には25日)で$31.08でした。内訳は次の通り。

AWS料金内訳
AWS料金内訳

ELBとEC2でほぼ半々といったところです。

AWSを使い始めてから1年間は無料期間があります。
私の場合、すでに1年経過していてこの料金になります。

このサイトのEC2で使用しているインスタンスは、t1.microですが、ブログに必要とされる通信はGETが主で、CDN構成なのでこれで十分(同時アクセス・即応性に優れる)です。

最新のバージョンを使おうというコンセプトで、AMIAmazon Linux AMI 2014.03を使用。
PHP5.5、MySQL5.5にWordPress最新版を乗せています。

Glacierの料金が$0.90かかってますが、実はこのサイトとは無関係な個人的なデータを90GBほど保存しているためです。AWS Glacierはコスト面・耐久性で最も優れたストレージサービスだと思います。

オレゴンリージョンを利用している理由は、東京リージョンより3割ほど安いこと、消費税がかからないことが挙げられます。
(2015/12/26追記 現在、消費税は日本のユーザーに対してどこのリージョンを使用していてもかかるようになっています)

CloudFrontのエッジロケーションが東京にもあるので、実際どこのリージョンを使用しても変わりはありません。というのも、CloudFrontがPUTにも対応しているうえ、DNSであるRoute53と連携して動的にアドレスを決定することができるからです。

CloudFrontを利用しているので、nslookupするとなんと8つもIPアドレスが出てきます。これなら、DoS攻撃でダウンさせられることもないでしょう。

nslookup

あと、監視にはCloudWatchを利用しています。
DNSにRoute53を利用している理由は、先に述べた通り、CloudFrontとの連携があること、それに自由に設定できるため、Google AppsのSPF, DKIMを設定しています。

絆創膏(ばんそうこう)のトレンド

日曜大工をしていると細かいキズ(主に手)をよくする。
また、子供もよくケガをするので、絆創膏(ばんそうこう)はかかせない。

Googleトレンドによると2006年くらいからだろうか、キズが早く治る絆創膏が出始めた。

それがこれ、キズパワーパッド

これまでの絆創膏はキズを乾燥させて清潔に保つことが重要とされてきた。
しかし、この製品はキズを密閉することで逆に潤してキズを早く治す。バンドエイドサイトからの引用:

「キズをしっかり覆ってうるおいを保ってきれいに治す方法」モイストヒーリング

モイストヒーリングについてはこちらも
http://ja.wikipedia.org/wiki/湿潤療法

「消毒をしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」を3原則として行う治療法。

簡易的にはラップを用いて密閉させるという情報もあるが、実際にラップを貼り付け固定するのは難しい。すぐにずれて密閉できない。

実は密閉させるタイプの絆創膏は昔からある。

これがそのエキバン

液体で塗るとすぐに乾いて貼り付いてくれる。(乾くまでシミるが、乾けば水に濡れても大丈夫だしシミることもない)
他のメーカーからは塗るハケ付きのものも出ている。

いわゆる絆創膏と違い、キズが小さければ小さいほど、面積が少なくて済むので、使い勝手がよい。

さらに、キズパワーパッドとの大きな差として価格が挙げられる。キズパワーパッドは1枚あたり約70円もするからだ。

小さなキズには断然、エキバンが有効だ。おすすめします。

 

※エキバン使い方メモ
関節部分のキズは曲げた状態(皮膚を伸ばした状態)で塗ること。

※類似品でリュウバンというものがあるが、2度塗りが必須で使い勝手が悪い。